一人暮らしに掛かる生活費

一人暮らしをする際の、「生活費」。皆さんだいだいいくら位かかっているのか、気になりませんか?
いざ、一人暮らしを始めてみると、意外にもお金がかかってびっくりするものです。
ここでは、佐賀での一人暮らしにどのくらいの費用がかかるのかをまとめたデータを紹介します。
まずはこれを見て、これからの一人暮らしのスタートに備えましょう。

家賃

40,000

お部屋によって変化の大きい部分になります。ここでは、学生の一人暮らしに多い1Kを基準にしています。
家賃は、仕送りやアルバイトなどの収入の1/3以内に留めるのが目安。
家賃の他に管理費や共益費が掛かるようなら、そちらも含めて検討するのが良さそうです。
佐賀では自転車や車を利用したいことが多いため、駐輪場・駐車場の使用料も気に留めておきましょう。

佐賀では自転車があると便利!

食費

20,000

自炊したり、お弁当を持参したりして節約すれば、1万円以下に抑えることも可能。
逆に外食ばかりだと数万円かかる方も。

佐賀市内の学生街はお店も豊富

光熱費

7,000

光熱費は、電気料金やガス料金のこと。
一人暮らしを初めてすぐは、電気を消し忘れたり、エアコンをつけっぱなしにしてしまい料金が上がる恐れがあるので注意。
最初は意識して、こまめに電気を消す、スイッチ付きの電源タップでON/OFFする、などの節約の癖をつけるとGOOD!

意外と寒い佐賀の冬。光熱費注意。

水道・下水道料金

2,500

上記は1ヵ月あたりの金額ですが、一般的に2ヶ月に一度まとめて請求されます。
節電と同様、細かな努力が料金の節約に繋がります。
佐賀でも、スーパーなどによっては、専用ボトルを購入すると無料で水を汲める所があります。一人暮らしの学生も上手に利用しているようです。

湧水の多い佐賀。自給自足する!?

通信費

10,000

携帯電話の料金やインターネット接続料など、通信にかかるお金。
携帯電話の料金次第で金額が大きく変わるので、通話無料プランなどを上手く利用するとぐっと出費を抑えられます。
また、佐賀市内を中心に、インターネットに対応している物件も増えてきています。無料or格安でインターネットが利用可能なため、よく使う方はお部屋探しの条件に加えてみてはいかがでしょうか。

交際費

10,000

友人との飲食費、恋人とのデート費用など、付き合いにかかるお金。
学生同士の付き合いなら、みんなで工夫してお金を掛けずに楽しむ方法を考える手も。
佐賀なら、友達同士、恋人同士で自然を楽しめるスポットも豊富です。

節約の公園デートはいかが?

おしゃれ費

20,000

特にクリーニングが必要な服が増えてくると、その分クリーニング代が必要になります。
自宅で洗えるものは自分で洗うなど節約の工夫をしましょう。

日用品費、医療費

3,000

洗剤やティッシュなど、ひとつひとつは安くても、まとめると月々では意外と費用がかさみます。
また、風邪をひいて病院に行き薬をもらえば、数千円かかることもあります。
節約しにくい部分ですので、日頃から風邪をひかないよう注意をしましょう。

大きな病院は郊外。移動費も要。

112,500

小さな金額の積み重ねも、積もり積もると大きな金額となってくるもの。
初めての一人暮らしで生活費に余裕を持たせたい方は、敷金礼金ゼロのお部屋を借りて初期費用を抑えることも検討してみては?

敷金・礼金ゼロゼロ物件とは?

一人暮らしを始める際の初期費用についてもあわせてチェック!

一人暮らしの初期費用

佐賀の大学一覧

アパート・マンションなど、佐賀県内各大学付近の学生向け賃貸物件は、こちらからお探しいただけます。

  • 佐賀大学 本庄キャンパス
  • 佐賀大学 鍋島キャンパス
  • 佐賀女子短期大学
  • 西九州大学 神埼キャンパス
  • 西九州大学 神園キャンパス・短期大学部
  • 九州龍谷短期大学

(大学名順不同)